2013年12月28日土曜日

オノマトペ(創作)

今回から内容がわかりやすいよう、題名に“創作”と“手紙”と記すことにしました。
創作→少女小説の投稿全般
手紙→手紙全般
どちらにも属さない、もしくはどちらにも属している一緒くたのものは、今まで通り「○○○の雑談」と表現いたします。

やっと今日、年賀状作りが完成しました。
昨年より、1日遅い投函でした。

年賀状作りにかまけて、ノートの下書きの読み返しが終わりませんでした。
新作の方も進まず、少々ストレス気味です。
手紙は本当に大好きなのですが、執筆の合間の気分転換に書くのが好きなのであって、そればかりになって創作が疎かになるのは……。
心を込めたお手紙を書くためにも、やはり創作の充実が必要です。
年末いっぱいは雑務に追われますが、年始は家に引きこもり、創作に励みたいです。
あっ、でも、無印良品の福袋だけは買いに行きたいですね(笑)
マステが付いているらしいので。

さて、みなさんは、オノマトペをご使用になりますか?
いわゆる擬声語を多用すると、文章が安っぽく見られますよね。
ですが、臨場感を伝える大きな手助けにもなってくれます。
どの程度まで使うかの兼ね合いが、難しいですね。